オレオレ詐欺(2)

まさか義母がオレオレ詐欺に引っかかるとは夢にも思っていなかったので、本当に驚きました。現実に詐欺に引っかかってしまうと、お金を取られなくても、悔しさと情けなさで頭の中が毎日毎日グルグルしているようです。義母の心の傷はそう簡単には消えそうにありません。

オレオレ詐欺

じつは今月の12日の日に、義母(主人の母)がオレオレ詐欺に引っかかってしまい、未遂で済んだのですが、警察が介入する騒ぎを起こしてしまいました。農協の営業さんの機転のおかげで未遂で済みましたが、本当に危ないところでした。「ご先祖様が助けてくださったのだ」と思いました。

精密検査

本当にお陰様でうちの義両親は特に病名がつくようなこともなく、年相応に耳が遠くなったとか、そういうことだけです。ご先祖様のお陰様でこのような生活が出来ることに深く感謝いたします。

感謝の気持ち

先週の火曜日の朝に、私が入力した伝票で得意先を間違えて入力していた事が発覚しました。大変なことをしてしまい、吐きそうになるし本当に何とも言えないどうしょうもない気持ちでした。しかし今回に限って、特に大事にならず、これは星椎先生のご供養のおかげだと思いました。

訴え

病気で亡くなった先祖は、その病気を抱えたままの状態が永遠と続くこととなる。