争いについて

ふと頭の中に浮かんできたのですが、人類の長い歴史の中での個人及び集団同士の勢力争いで、数え切れない欺きや裏切り、陰謀が企てられ、その度に人々が敵味方となって争いに巻き込まれ、敗者は無念や勝者への怨恨を心に抱えて亡くなっていったはずだと思います。