遠い昔

遠い昔、ほぼ人間に近い種族が、地球を訪れ、地球に合った種族を生み、人間の祖とした。勿論、何回も崩壊を繰り返しては、現在のような人類を生んでいた。彼ら種族は、アヌンナキで、地球の金を目的に訪れ、エンリル、エンキの指導の下に人類を奴隷として使用していた。

健康な体

星椎先生、アトランティス協会スタッフの皆様 。温かいお言葉に、いつも力をいただいています。皆様のお陰で、元気で自分らしい毎日を過ごす事ができました。健康な体であること、当たり前に続く毎日に感謝できるようになりました。

青い光

母は瞑想中に「あっ!」っと声を上げたので「さっきの何だったの?」っと聞きましたら、初めての体験で青い光が一瞬に通り過ぎるのを見たそうです。「車の御守りにパワーが入ったのかな」と言っていました。