墓じまいに関して

墓じまいを簡単に考える若者があまりに多い。お墓は先祖にとって、マンション或いは一戸建ての家に相当するのである。その貴重なお墓が理由もなく壊されてしまうので、先祖たちは行き場を失う。

お墓のお墓

全国で墓じまいが後を絶たず、お寺が墓石を引き取り永代供養を行っている。しかし、実際にはお寺の主が、お墓に存在する先祖の霊を抜き取ることは完全に不可能で、あくまで気休めに過ぎない。様々な霊達を説得する手法が、まず仏教には存在しない。

お墓の艶(つや)

お盆にお墓参りに行った際の話ですが、弟が「20年以上経つのにお墓綺麗やね」と言っていました。やはり一番の理由は星椎先生の浄霊のおかげだと思います。普通の御影石ですが、白いというよりシルバーに近い輝きがあり、これは離れて見ると際立ちます。周りはズンとして、その中で一つだけ軽やかに清々しく輝いているような‥そんな感じです。

気づく 

この間の霊がガンになると言う話も、大変分かりやすくてただただ納得と言う感じです。ずっと疑問に思っていましたので、この霊が病気の原因になる仕組みをたくさんの人が理解して行ったら、もっとご先祖様に対する思いや先祖供養に対する考えも変わってくると思いました。

欲のないお祈り

お金がいくらあっても満足できない人の虚しさは、先祖の虚しさであり、この虚しさを自分の好きなことで埋まることはない。