瞑想中 

このたびは母の水子さんの浄霊を行っていただきまして、ありがとうございました。姫路様より、ご丁寧なお手紙をいただきまして、無事に成仏されたとの事、ホッといたしました。

事故現場

脱線事故のあった事故現場で慰霊祭があり、次男の方を亡くした男性がインタビューで、事故がまるで昨日の事のようにテレビの前で号泣しながら「悔しい、悔しい」と言っていました。14年たった今でも、次男の方が成仏できていないから、その悲しみがお父さんに伝わっていてあんなに号泣されているのだとわかりました。

浄霊

浄霊は、人によってそのスピードは違う。それは金銭的なことも加味されるが、浄霊の本質を知らなければ、遅々として進むことはない。浄霊が全て終われば、何かあるのかという期待は決して先祖のためにはならない。

安堵感 

義母の火葬を無事済ませ、お骨をもらい家に帰りましたが、ずっと寒気というか…ゾクゾクするというのか…
リビングにあるボードにお骨を置いているのですが、身体中に襲ってくる痺れが取りきれなかったのです。
それが、浄霊をお願いした途端その痺れがなくなりました。嘘みたいに消えました…。

感謝 

先日は、ご先祖様大変お世話になり、ありがとうございました。帰りの夕日がきれいで、強く眩しい光がまっすぐに向かって来ているようでした。夕日の赤色ではなく、太陽の金色の光がとてもきれいでこの様な夕日を始めて見ました。
一日の疲れが一瞬で無くなりました。