風邪

『 星椎水精先生、スタッフ皆さまへ
2月15日の高祖母様のご供養では、大変お世話になり誠に有難うございました。
ご供養の様子のお手紙を受け取りました。有難うございました。
星椎水精先生の甚大なるお力で無事に成仏させていただき感謝申し上げます。
こちら北陸はずっと天候が悪い日が続いてたので、15日の空模様が心配でしたが、やっぱり晴れました。いつもの事ですが、ご供養の日は本当に不思議なくらい晴れます!
こんな天候の不安定な北陸だからこそ感じるのかも知れませんが、地球の神、宇宙の神と星椎水精先生が決めた日は絶対晴れる!と、つくづく本当に偉大な先生だと感動しております。ご供養に適した日が間違いなくあるんだと思いました。本物にしか出来ない事ですね!
毎回、ご供養当日の朝は太陽がカッーと照りだし、部屋をとても明るく暖かくしてくれ、「あっ!ご先祖様がお喜びのお気持ちをお伝えにきて下さった!」って感じる事ができます。
今回もまた同じ朝を迎え、その後いったん雪模様になりましたが、ご供養の時間前には青空が見え、明るくなりました。
会社にて、長くお待たせしたお詫びと、無事の成仏をお祈りしました。
手を合わせていると、ご供養が無事終わったであろう頃に、私自身清々しいエネルギーを体全体に感じ、フワーッと包まれているようでした。とても気持ち良かったです。
今年に入り初めてのご供養でしたが、ご供養を申し込みした後に、娘が風邪をひき、私も珍しく風邪がうつり体調を壊していました。ここ何年も風邪をひいてなかったので、これって今回の高祖母様のご供養に関係あるのかな?って思いました。
亡くなってかなり時間が経ってますが、もしかしたからお風邪を患って亡くなっているのかも知れません。今回やっとご供養を終えホッとしております。
ご先祖様あっての私達ですから、これからも感謝の気持ちをもち続け、待っていらっしゃるご先祖様の為にも努力して助けていきます。
大変お世話になりました。誠に有難うございました。 』

星椎水精先生のコメント

少し前までの地球の気候は、空気が澄んで大気も安定していたが、明治から以降は、工場からの排気ガス等で空気が汚れ、空気中の肺炎菌が住めなくなっていった。
それ以前の人たちは、風邪をこじらすと肺炎で亡くなる人が圧倒的に多かった。先祖で亡くなる人の多くは、この風邪からくる肺炎での死亡が大多数を占める。そのために末裔は、何らかの影響を受けているはずである。浄霊時のお知らせも理解ある末裔にお知らせすることが先祖にとっては重要な役目だと先祖は考えている。

このページの先頭へ