18mmのガンが消えた

18mmのガンが消えた

『 星椎水精先生
アトランティス協会の皆様
こちらは今、桜が満開です。そちら北九州はいかがですか?

3月7日に父方御先祖様3名と孫1人を浄霊していただきありがとうございました。
電話で姫路さんに報告させていただきました通り、供養をお願いする前に主人に“すい臓に腫瘍の影あり”と健康診断で再検査、MRIをとりましたところ、影が全くなく、お医者様も不思議そうでした。私には、助けていただいた、とすぐに感謝でした。
双子のうち1人が残念で浄霊していただき、1カ月半の早産でしたが、お陰様で元気に退院し、私としては何にも心配ない!!と何故だか確信しております。
今は本当に“幸せ”だと普通に思えます。
母方の御先祖様の供養を少しでも早く出来るよう頑張りたいと思っております。
これからもお力を頂けます様、よろしくお願い致します。

【 追記
昨年、O家のSUPER浄霊をされ、今年は家系図が出来上がり、死産したお孫さんのご供養も申し込んでこられました。
ご主人が今年の2月の健康診断で、すい臓に18㎜の影が見つかり、「ガンのようだ」と言われたそうです。その後、大きな病院で精密検査をし、検査結果が出るのは3月7日のご供養の後でした。
腫瘍が見つかった時、手術も難しいことから「もう絶対に自分は死ぬんだ…」とご主人は落ち込み、2月は「終活」をされていたそうです。
しかし、3月に精密検査の結果を聞きにご主人と一緒に病院に行ったところ、この影がすっかり消えていたのです!
奥さんが「こんなことってあるのでしょうか!?」と聞くと、医者も「なんででしょうか???」と驚くばかりであったそうです。
ご供養を頑張っておられる奥さんは、「これは星椎水精先生の浄霊のおかげだ!」とすぐに分かったそうです。
わざと医者に「どうして影が消えたのでしょうか?」と聞いても、医者ははぐらかすばかりだったそうです。
当初、診断結果が出たら「即入院で手術」という流れだったそうですが、その不幸が回避され、まさにご供養により「大難が小難になった」ことを体験されました。
現在はとても穏やかに過ごしておられ、日々幸せを感じておられるそうです。(スタッフ)】 』

星椎水精先生のコメント

掛かり付けの医者が驚くほど、「18mmのガンが消えた」ことは不思議なことである。物理的な見地からは、現代医学であり得ない現実が、医者に突き付けられたことにもなる。
発展途上にある現代医学は、霊が及ぼす作用については、範疇(はんちゅう)外となっている。欧米では、その研究が少しずつ進んでは来ているが、まだ本格的な研究には及んではいない。
霊が及ぼす物理的な影響は、判明すれば実に簡単な原理でもある。
ただし、霊能者たちが、「浄霊する」といえば、100%除霊であるから、再び同じ病気が少し間を開けて再発するか、他の病気が襲ってくる。霊能者は、少し見える詐欺集団だと思った方が良い。彼らの特徴は、彼らの家が荒れているのを見れば、「一目瞭然」なのである。
上記の家族は、次第に先祖のことを助けようと考え、行動したことによる、先祖からのメッセージが、「ガンの消滅」につながったと考えるべきだろう。

このページの先頭へ