76歳の義母

『 こんにちは、いつもお世話になっております。
うちの先祖がおもしろいなーと思う事がありましたので、書いてみたいと思います。
おもしろいと言うのは適切ではないかもしれません。頼もしいと言った方がいいでしょうか。
義母は国民年金で月に3万円程度しか年金も無く、今まで子供達にお小遣いを渡してくれることはそうありませんでした。
最近娘が帰って来るとお小遣いを渡してくれるので、仕送り大変だから手伝ってくれるんだなーと思いましたが、そんなにお金無いハズなのにおかしいなと思ったら、
「バイトを始めたんだ、お小遣いあげられる」と笑ってて。
「76歳雇ってくれるところあるの!!」と聞いてしまいました。
「昔の知り合いにばったり会って、あんた今何してんのと聞かれ何もしてないなら、私が勤めてるところ紹介するからとおかみさんを紹介され、もう歳で覚えられないからと断ったら、何言ってんの一から教えるんだからとおかみさんつきっきりで教えて貰えて何とかやってるんだー」と張り切っています。
お金が大変な時期だから手伝ってくれるんだと思いました。
しかし、うちの先祖は76歳働かせちゃうんだと思うとつい笑ってしまいます。
76歳は医者通いが始まったとか聞くけどバイト始めましたは聞かないですよね。
会社の隣席の人の義母は同じく76歳ですが、腰痛が酷いらしく通院に付き合ったり料理が出来ない日はお昼ご飯の準備をして出勤。寝た切りになったら大変だから今流行のトゥルースリーパーを2万円で買ってあげたのに、使わなくなって、せっかく買ったのにと言ってもそういう問題じゃない気がすると言ってるそうです。
私は、ガンで亡くなった義父さんだよって、言ってあげたいのですが理解は出来ないだろうなと思ってしまいます。
長くなってしまいましたが、お陰様でうちはみんな元気でやれています。
これからも頑張って行きますのでどうぞよろしくお願いします。
浄霊って素晴らしいですね。 』

  

星椎水精先生のコメント

先祖からの霊障がないということが、人がどれだけ健康でいられるのかを理解する上で大切なことだと言える。霊障がなければ、無理をしない限り、健康は一般の3倍以上は維持できる。
例えば、死ぬ寸前の人の顔を見ると、大勢の先祖が顔を寄せ合っているので、不気味な顔に見えるだろう。タレントが病気をして、再びマスコミの前で顔を出すと、死人の顔が背後にあるので、「もう時期だ」とすぐ分かる。タレントの共通点は、自己顕示欲が強いので、「自分で治す」という間違った見解に達する。
こちらで浄霊を申し込む人たちの方が、先祖を大切にし、非常に謙虚であることから、霊的には高い存在である。その家族もレベルが少しずつ高くなってゆく。それが、上記のようなこととなる。ただし、年齢を考え、無理をさせてはいけない。