3・11事故

 

『 7日に三陸沖の地震があったことを知って弟に電話してみました。幸いにも揺れたものの何も被害無く過したようです。弟に先に電話した時に弟の同級生が甲状腺障害の膠原病を発症したと聞いていたので、その後どうなったか尋ねてみました。弟は「うーん、投薬が始まって落ち着いているらしいよ」と言っていました。そして、弟が「俺はね、性格だと思うんだよね、あいつの、って言うかあいつの親父もそうだしさぁ・・・、何でもせっかちにやりたがるんだよねぇ、そんなに急がなくても大丈夫ですよって言っても聞かなくてさ、慌てて物をやる癖があるんだよね。まあ、俺なんかはのんびりし過ぎって思われているのかもしれないけど」。私はああそれはやっぱりご先祖様の焦りから、ご先祖様が早くしてくれって(気づいてくれって)催促しているんじゃあないかと思いました。それに、ご存知のとおり、3.11の時の福島第一原発4号機の放射能漏れは未だに続いているわけで、風向き、地下水脈、海水によって汚染されているわけで、甲状腺障害というのはそういうこともまともに影響を受けていると思うんです、守りがないから。弟が何とか元気でいられるのはとりもなおさずご先祖様がそういう影響をも和らげてくれている、守っていただいているのだと確信しております。弟の反応を見て、やっぱりその程度の認識しかないんだなぁって思います。 』

 

日本では、この3.11での原発事故を正確には報道されていない。海外では、その後のことも含めて逐一報道されている。いかにマスコミが、民間の企業と癒着をしていて、「そこは報道しないでくれ」と箝口令で取り仕切っているかが分かる。主義主張は自由なはずだが、肝心な部分では闇に葬られている。実は、海水汚染は深刻で、特に関東近辺では放射能を浴びた魚介類をかなりの数で食している。今年に入って、関東近郊の湖でワカサギを釣ると放射能が検出された、という。自分自身で身を守らなければ、誰も守ってはくれない。そんな時、浄霊した先祖が、末裔を助けることもあるので、普段からコツコツと、こちらでの浄霊をした方が良いと思う。

このページの先頭へ