1週間の休み

『 いつもお世話になり大変ありがとうございます。
私は(会社の規則で3月までに1週間どこかで休まなければいけないので)先週木曜日から昨日まで1週間休みをとりずっと家にいました。
これ程落ち着いて居心地よく、何ももやもや考えることもなく家の中でゆっくり過ごすことができたのは、私のこれまでの人生でこんなことは本当に初めてでした。
今まででしたら休んでいてもふと会社の嫌な人たちを思い出してとても嫌な気分になったり、家でも何かしらあったのですが、1週間どこにも行かなかったのですが、とても楽しく過ごすことができました。本当に星椎先生がご供養してくださっているおかげだと思いました。本当にありがとうございました。昨日の夜も今まででしたら1週間も会社を休んだら出勤するのが嫌でとても憂鬱になっていたのですが、憂鬱になることもありませんでした。本当にありがとうございました。
また連絡させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。 』



星椎水精先生のコメント

日本人は、常に忙しく動いていないと不安になる性格を持っている。幼い頃から植え付けられた性格でもある。
モンゴルに行った時、広大な高原を小型車が通り過ぎた。その中には大きなロシア人が4人も入り、しかも大声を放って歌いまくっていた。勿論、平日であるが、休暇をとって思う存分楽しんでいた様子だった。
日本人があのようなマネが出来るかと言えば、それはあり得ないことでもある。思い切って羽を伸ばし、精神的にも肉体的にもリラックスすることも大事である。
上記の人は、先祖からも「リラックスしていいよ」と言われているようだ。