龍神3

『 こんにちは、先生のコラム「龍神」でとてもすごいお話しをありがとうございました。

今日も先生のコラムで龍神様のことが書かれておりました。龍神様を忘れておりましたことが、どれだけ怖いことかと思い知らされました。

龍神様の今のお気持ちを知りたく、井戸のあった場所に向かって目を閉じて見ました。私の思いすごしでしょうか?よくわからないのですが、目の中に少し太い白い縦の線が見えてきました。私の直感で蛇の頭のような(少し口がとがった)形のものが上から私に向かって降りて来た、そのように見えました。

でも怖いこともなく姿を見せていただいたように感じました。

このお姿が龍神様でしたら・・・と思いますと、でも本当に龍神様でしたらうれしいな・・・と感激してしまいます。

龍神様のご供養、浄霊をどうぞよろしくお願いします。  』

 

息を潜めている龍神殿の姿に間違いない。龍神殿は我慢強く、ひげをゆっくり動かしながら、その家の様子を眺めている。「いつ気づくのか」を観察し、地球の神に報告する役目も担っている。因みにひげとうろこは金色である。

このページの先頭へ