龍神上げ

  『 いつもお世話になり本当にありがとうございます。
最近気がついたことを書かせていただきます。
私は昨年の10月から大変お世話になっているのですが、それまで私は一年に何回も膀胱炎になっていました。本当につらい思いをしていましたけれど昨年10月からは一度も膀胱炎にならずに生活させていただいています。今頃気付くのも大変遅いのですが、本当にご供養していただいてるおかげだと思いました。本当に本当にありがとうございます。
今年の2月には龍神様の龍神上げの儀をしていただきまして、それまではネズミが天井をものすごい音を出して走り回っていたのですが、龍神上げの儀をしていただいてからほとんどなくなりまして、夜もネズミに何回も起こされてとても嫌な思いをしていたのですがゆっくり寝られるようになりました。母もそう言えばネズミがいなくなったと喜んでいます。
本当にありがとうございます。 』



星椎水精先生のコメント

病気を治そうとして浄霊(先祖供養)をする人も多いが、そういう人は病気が治ってしまうと自然に遠のいてしまいがちである。
上記のように無欲で先祖のために浄霊を行っている人は、「気が付いたら・・・」という良い状況を生む。龍神殿もそこをよく見ていて、とりあえずネズミを追い払っておこう、ということになったらしい。