龍神上げ  

『 この度は、龍神上げありがとうございました。姫路さんからのお手紙も届きました。
先ほど、姫路さんのメールも見ました。やはり大きな龍神様だったのですね。星椎先生にお願い出来た事に本当に感謝です。なんと言えばよいかわかりませんが、気づくまで大きな大きな怒りのような恐怖を感じていました。特に夜、洗濯を一人で干してたりすると、母屋の方から凄く感じました。
無事にお帰りになる事が出来て本当によかったです。
龍神上げをして頂いた後、怖さを何も感じず、あっ、無事にお帰りになられたんだなと安心したのと同時に、もういないんだという淋しさがありました。昨日までいた人が居なくなるようなそんな心境になりました。龍神様にとってはふさがれ、雑草だらけのところより、帰られる方が絶対良いはずなのに、不思議だなと思いながら、前々回井戸のお清めをして頂いたもう一つの井戸にいらっしゃる龍神様のお気持ちなのかな?と思ったりしてます。
そして、龍神上げをして頂いた翌月曜日に母屋の納屋の屋根が半分、崩れ落ちました。私達は出かけていたのですが帰って来て見つけてビックリしました。隣の畑でたまたま仕事してたおじさんが大家さんに直接連絡をしてくれました。何か関係があるのかなぁ?と少し不思議でした。
長々とすみません。まだまだ暑い日が続きます。お身体無理せず、ご自愛下さい。 』

  

星椎水精先生のコメント

この龍神殿は、非常に体が大きく、顔の部分を母屋の屋根の下に入れていたようだ。そして、屋根の崩壊を支えてもいた。その顔を出していたために、恐怖感を抱いたのであろう。龍神殿は、そのことを理解していたために、語りかけてもいた。龍神殿がいなくなると、支えていた屋根が崩れるのも当然である。龍神殿が天に上がった、という証を示してくれた。