鳩山由紀夫

この男の魂は、もはや人間としての魂ではない。いわゆる悪魔である。首相になったことを計算に入れて、その後の活動を順次起こしている。もともと幼い頃に、小さな悪魔が用意されており、成長した段階で悪魔に肉体の主導権を奪われてしまった。ところが、肉体の本人は、それが悪魔なのか自分の魂なのかを理解していないほど、悪魔の巧妙なトリックに騙され、現在も操られたままである。しかし、そのことにも気づかないほど、当人はのんびりとした生き方をし、今後もその姿勢を変えることはないだろう。例え、日本に不利な発言をしたところで、当人に混乱が無く、反省もない悠々自適の生活を送り続ける。だが、もはや次の転生は、この地球ではあり得ない。それもこれも、家族は皆、無神論者で、代々の先祖が成仏しておらず、彼らが暴れた結果に起きた見本のような一族のひとりに過ぎない。

このページの先頭へ