魂の行方

『 いつも大変お世話になっております。私達家族が仲良く幸せに暮らせるのは、皆様のおかげです。ありがとうございます。

体験談、おもしろかったです!みなさんの感想はある程度ご供養を続けていると、私も同じ体験をした!とか、その気持ち本当にわかる!という感じで、自分の体験談は懐かしく、あの時はこんなことを考えていたな…まだまだ私は何もわかっていなかったな(今もですが)振り返って思います。

ただ生前苦労して、好きだった人たちを救いたい一心でご供養を続けて来ましたが、ご供養を通して真理とか宇宙哲学みたいなものを学ぶ事が目的なんだなと思いだしました。

毎日が新しい発見や気付きや感謝で満ちていて、欲や感情に惑わされる事がなくなりました。

私がこの生を終えるまで、世界が続いていくならまだまだ学べる時間はありますし、少しでも魂を成長させたいという気持ちがとても強いです。 』

 

魂は常に不滅か、というと必ずしもそうではない。ここの浄霊によっては、ブラックホールに流される魂もある。ここでの浄霊によって、本人の魂に光が入りやすくなり、輝き始める。すると、魂は力を増して、転生し、次の準備に入る。が、これは浄霊を続けることで、力を増すのであって、霊障が取れたからと言って止めたのでは、輝きは次第に消えてゆく。最後まで続けることによって、次の転生の準備をし、同時にカルマの解消を行う。

その連続が、魂の不滅につながるのであって、途中で止めては、この浄霊や宇宙のことなどを理解するのは難しい。ここでは、浄霊というものを通して、自主的に宇宙を学ぶ宿舎のようなもので、学校での勉強は、ほんの僅かな基礎でしかない。

このページの先頭へ