駅前のホテル

『 北九州・小倉。駅から徒歩5分ほど、非常に高い料金の公衆浴場が密集したところがある。その中に、10階建てぐらいの、けっこう大きなビジネスホテルがある。いろんな意味で便利なので、いつもそこに宿泊している。

 数年前のこと。夜中、何かざわついた声が聞こえたような気がして、ふっと目覚めた。廊下で誰かがしゃべっているような雰囲気。

「うっせーなあ……」

ビジネスで利用する中年オヤジが多いホテルなので、酔っぱらいかと思ったのだ。だが、聞くともなく聞いているうちに、酔っぱらいがわめいているのとは違うように思えてきた。何か、ちゃんとしたことを話しているようだ。安い宿なので、部屋の中から廊下を見られるようなレンズはない。ベッドを出て、ドアに近づいて聞き耳を立てる。

「……昨今の政治情勢は、きわめて憂慮すべき状態で、現政権における指導力の無さは……」

 なんだ、これは?

新聞の政治欄を朗読でもしてるのか?どこかの部屋からTVの声が漏れ聞こえてくるのではない。確かに、廊下で話している。やがて、その声がだんだん大きくなってきた。

「一方、野党側の弱体化も目をおおわしむるものがあり、単なる権力争いに堕落し」

 声は大きいのだが、トーンは平静のままである。選挙演説のような叫びではない。

TVの政治解説者の話し方で、ボリュームを最高に上げたような感じである。ドアに耳をくっつけるまでもなく、いやでも聞こえてくる。

ここにいたってやっと、「廊下にいるのはアブナイ人間だ……」と確信した。そのとき、ドアのノブが「ガチャリ」と音を立てた。

心臓が飛び上がった。

「この部屋に入ろうとしている!」

ドアはオートロックである。そう簡単に入ることはできないが……数回ガチャガチャと回して、すぐに止んだ。ほっとした次の瞬間、

「どん!」とドアに体当たりしてきた。

「おい、冗談じゃないぞー!」

「どん!」「どん!」「どん!」

 体当たりのたびに、少しずつ少しずつドアの隙間が大きくなってきた。

 オートロックの他に、いつも用心のために掛け金をしているが、それもだんだん歪んできているようだ。

「外交問題も山積している状態で、国内のつまらないことに汲々としているような有様では」

 体当たりしている間も、例の政治解説は続いている。どう考えても、異常だ。

「どん!」「どん!」「どん!」

 ドアが、10センチもの隙間があくような状態になってきた。 私はもう、ただ呆然とそれを見つめることしかできなかった……

………………私はベッドから体を起こした。心臓がバクバク言っている。真夜中の、ホテルの部屋だ。

「ゆめ……?」夢だったのか……?

 だって、さっき確かに起きあがって、ドアのところまで行ったじゃないか……

 震えが止まらない身体をむち打ち、ドアのところまで行く。掛け金も、蝶番も、異常ない。おそるおそるドアを開け、左右に延びる廊下を見る。誰もいない。 普通の、真夜中のホテルの廊下であった。  (「私の怖い話」より)  』

 

小倉駅周辺は、混雑しているだけではなく霊現象の多い場所でもある。そのために、デパートは、栄えては消え、といった盛衰が絶えず起こる。元々、戦いがあった場所なので、それなりの霊の憑依があるようだ。これもその一つである。(星椎)

このページの先頭へ