顔の相  

『 星椎先生、宇宙クラブの皆様
こちらは焦げそうなくらい暑い日が続いております。つくづく極端なところに住まわせていただいております。
火曜日はS様のご供養を行っていただきまして有難うございました。びしっと晴れて上がって行かれたのだと確信しております。今後も頑張ります。
ちょっと私の顔で気付いたんですが、夕べ顔を洗ってまじまじと顔をみて、眉毛がちょっと濃くなったように思います。母も私も眉毛は薄くて、星椎先生のコラムでもあったように家庭運がないんだなぁって思っています。でも、ちょっと濃くなったように思ったので、主人にちょっと聞いてみたら、「うーん、そういえばねぇ・・・うん、濃くなった・・・」って言っていました。まあ、寝る間際で面倒くさいから同意しただけかもしれませんが。
少し前にも同じことを思ったのですが、その時はああ、やっぱり気のせいか、薄いな、って思ったのでした。
普段、化粧はごくたまにしかしませんし、あんまり自分の顔をしげしげと眺めたことがなかったからか…とも思いますが。
この度のご供養、重ねまして有難うございました。 』

星椎水精先生のコメント

人の顔には、その人のルーツが刻まれている。南国の人か北国の人か、眉毛が濃いか薄いか、肌が白いか黒いか。
前にも話したことがあるが、中学生の時、顔や話しぶりは日本人的なのに、髪の毛が針金のように硬くて強かった同級生がいた。それが、黒人のようなので多少違和感があった。当時から、背後に黒人の姿が見え隠れしていたが、自分で「気のせいだろう」と打ち消していた。
最近では、怖い顔をしている人を見た時、明らかに武者の姿が見えたりする。
しかし、こちらで浄霊を行うと、本来の魂の姿に戻ることも多く、次第に柔らかい自然の顔つきになることもある。

このページの先頭へ