順番

『 先日は元義父の浄霊を執り行って頂き、誠に有難うございました。
大変遅れまして申し訳ございませんが、ご報告のカードも無事頂戴いたしました。
姫路様によりますと、彼の魂は随分重いものであったそうですが、生前は直接の死因ではありませんでしたが、ガンを患わった事もありまして、成程なぁ、と納得致しました。
しかしながら星椎先生のおかげもちまして、今回無事成仏された事は、誠に嬉しい事と存じます。
また、私の側のご先祖様方からも、「ゆめゆめ私等の事を忘れるではないぞよ。」と警告を頂きましたので、(と私は勝手に解釈しておりますが)これからも、少しずつでも続けて行こうと、心を新たにしております。
皆様、どうぞご自愛下さいますよう。 』

星椎水精先生のコメント

「隗(かい)より始めよ」という諺があるように、まず自分の先祖から始めた方が良いのは確かである。亡くなったものは、しばらく肉体を失っただけで、性格などは悟りの境地には達しておらず、以前のままが殆ど。わがままで自己本位な人は、亡くなってからも同じ行動を示す。
浄霊をしてもらうはずだったのが、他人を浄霊して自分が随分後にされたとなると、怒りのエネルギーを発し、そのものから何らかの負のエネルギーを受ける結果となる。したがって、一般的に浄霊は出来るだけ順番に行うのが良いと思われる。

このページの先頭へ