韓国事情

お隣の国、韓国には問題が多い。昨年10月のセウォル号事件や今月のアシアナ航空事故など人為的なミスが多発している。国内では核の廃棄物をアスファルトに混入しソウルの道路に使用している。
サムスンや現代自動車などは外国投資家によって利益が国内に反映されてはいない。実質的には外国企業である。更に銀行も殆どが外国資本で形成され利益の還元が国内では出来ていない。低賃金労働で就職難と来ている。
大学卒業者の半数以上は、就職も出来ずに自宅にいる。
そこで政府は「景気が回復するまで中東に働きに出てほしい」というと
これに若者は反発し「そんなこと言うなら、お前たちが(危険な)中東へ行け」と糾弾された。
そんな韓国も、不景気の煽りを受けて自殺者が日本の3倍に達している。これは、政府が悪いとか誰が悪いとかの問題ではなく、やはり先祖を本当の意味で救ってあげてはいないようだ。少しでも韓国の状況が良くなる方法は、先祖の浄霊が一番であろうと思う。

このページの先頭へ