霊障

霊障

『 私事なのですが、先日、ちょっとした油断から久しぶりに風邪をひいてしまいまして熱が出てしまい、仕事を1週間休んでしまいました。
元々、風邪を引きやすい体質に、お彼岸時で霊障もあったのかなと思っています。
風邪を引きますと、食べ物の匂いも味もしなくなります。
私の母の抗がん剤治療による味覚障害とは、こんな状況がずっと続くのか…と思いますと、本当に味気ない気分になり、かわいそうになりました。
それと同時に成仏されていないご先祖様はもっと長い間、亡くなった時の苦しみをひきづったまま我慢しておられるのだろうと思いました。
風邪を引いたせいで、ほんの少しですが、目に見えないご先祖様の気持ちを感じることができました。
今の母は、私が見る限り昨年より何となく調子が良さそうな感じです。
本人は大変な中で必死で生活しているので、「調子が良さそう」などと言うと怒られそうですが、毎日1時間も歩いている母に私は頭があがりません。(年配の人は皆、歩きたくても膝が痛かったりして、なかなか歩けないのが実情だそうです)
色々な辛さは本人にしかわかりませんが、これからも笑顔になれる瞬間をたくさん作ってあげたいな…とあらためて思いました。
そして、これからもまだまだ多くの苦しんでおられるご先祖様の御霊救済を頑張りたいと思いました。 』

  

星椎水精先生のコメント

先祖たちは、この痛みを分かってくれと末裔にすがるのだが、末裔も体力がなければ続くものではない。重い病で亡くなった先祖や戦国武将がいるだけで、家庭内で様々な霊現象や自殺や殺人などが自然発生する。テレビで報道される殺人犯は、そのような家系で生まれた結果、事件を引き起こすケースが多く見られる。