霊能者

テレビでは若い霊能者などを出演させ、面白おかしく演出している。気を付けるべきは、彼らの家が尋常ではないゆえにそのようなものを家に産ませたということである。

先祖としては、気づかせることを目的にそのような者をこの世に生まれさせている。にもかかわらず、他人のことを見ることを目的として主張している。

オーラを見ても意味のないことで、健康な時や病気の時、精神的な異状によってすべて異なり、時間と共に変化する。

それよりも、霊視によって本筋と異なる情景を殆どの霊能者が経験している。彼らはそれを知っていて口外しない。何も知らない素人は、全てを鵜呑みにしてしまう。そして、彼らは、浄霊など100%出来ないことを理解する必要がある。このことを言うと、身に覚えのある霊能者たちや宗教団体が圧力をかけ、こちらにインターネットでの不正アクセスを行ってくる。

私は浄霊時には、遠隔で行うようにしている。私が「浄霊しました」というより、申し込んだ本人が自分の家の仏壇の前や職場での瞑想で実感し理解する方が、納得するだろう、という方法である。

だから、霊能者は自分が見えた事を相手に行っているだけの話で、相手の納得とは無縁の世界であることを理解しなければならない。これには、詐欺がつきもので、99%がそれに当たる。まずは疑う必要がある。

このページの先頭へ