霊界

『 24日、父の恩師のS先生の浄霊を執り行っていただきまして誠にありがとうございました。また、成仏されたとの、言葉では表現できないほど崇高なパワーが込められたお手紙をお送りいただきまして、とても感動いたしました。深く感謝申し上げます。

今回は浄霊の11時近くになっても一人になれず、仏壇の前に座り、瞑想を始めましたが、後ろからラジオの音がガンガン鳴り響き、その横のソファーに座り、主人がこちらに視線を向けているであろうことが気になり、落ち着いて瞑想も出来なので、胸のペンダントを握り締めますと、手の中が温かく感じて、星椎先生の「いいですよ いいですよ」と優しいお声が聞こえました。(これでいいん~だ・・)と思い、うれしくてリラックスできました。ありがとうございました。

11時少し過ぎ、体が吸い上げられる感覚があり、姿は見えませんでしたが、「ホ~ゥ!ホ~ゥ!」という感嘆の声が聞こえた後、何かが上方にズンズン上がって行き、何処までも上がって行き、黄金に輝いている中に消えて行きました。素晴らしい情景に感動の涙が込み上げてまいりました。気がつくと、そこに、父の姿がありました。毎日見ている写真は白髪なのに、黒々として多い短髪に黒い眉毛。黒い学生服を着て、見えない目なのに上を見ながらニコニコと、とても嬉しそうにしていました。父は、どれほど、この日を待ち望んでいたのかが分かり、もっと早くお願いすればよかったと悔いました。

頂戴いたしましたお手紙に、S先生は粛々と天へ上がって行かれ、とありますので本当に素晴らしい浄霊を行っていただき、誠に、ありがとうございました。

何よりも、父に、このように喜んでもらえたことは、本当の浄霊がお出来になられる星椎先生のおかげと、心より、感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。深く深く心より感謝申し上げます。これからも、ご指導をよろしくお願い申し上げます 』

 

霊界は、魂の学び舎で、宗教団体が述べているものとは全く違うところである。しかし、その霊界も地上界とのつながりによっては、霊界から追い出される場合がある。

それは、末裔の行いや考えが悪いと、一旦、先祖が霊界へ行っても、一蓮托生となって、引きずり下ろされる場合も無きにしも非ずである。下ろされるというより、末裔の心の重さが、先祖にずっしりと伝わり、霊界と派動が合わなくなって、地獄界や餓鬼界に落ちてしまったりするようだ。

ここに書かれた人は、そのようなこととは全く違い、先祖や関係のある人まで、心をこめて成仏させたいと願っている。そのために、浄霊後の表情は皆輝き、若返り、魂本来の姿で現れる。浄霊の見本のような末裔と先祖霊の姿である。

 

このページの先頭へ