霊現象

一般に霊は弱電気を帯びており、家庭の中ではパチパチと音を立てたり、電気でショートを起こしたり、静電気と同じような痛みを生きているものの皮膚で起こしたりする。激しい時には、火傷のようになったりもする。電波障害を起こすので、ラジオが突然聞こえなくなったり、テレビの画像に支障をきたす。よく見受けられるのは、写真を撮った時に、白や黄色の煙のような模様を描き出すことや、映像がはっきりしなかったりすることである。これらは、先祖霊や浮遊霊の類だと考えて間違いない。
(2020年5月26日)