霊感

『 こんにちは、いつもお世話になっております。
次回の浄霊(先祖供養)をお願い致します。
「誰にするか決めた時から、光があたる」と先日のブログで見ました。
慎重に選んであげないといけないと改めて思いました。
以前私も一度決めていた方から、急遽変更し申し込みをした事がありました。
その時から、落ち着かなくなり胸も苦しく、気分が不安定になり、いてもたってもいられない明らかにおかしい状態になりました。
待ちに待っていたのに、また1ヶ月待つのかと思ったらそれは大変辛い事で、自分だったら、と考えた時に我慢できないなと思い直し、その方も改めて申し込みさせて頂いたことがありましたが、光が当たっているとは知りませんでした。
今回はK伯母さんに決めようと思った時、頭からざわ~としびれるような感じを受けました。待ってたんだなと思いました。浄霊をお受け頂けます様よろしくお願い致します。 』

星椎水精先生のコメント

こちらで浄霊(先祖供養)を行っているが、他の宗教や霊能者との大きな違いは、私が浄霊した人の感想を述べるというのではなく、申し込んだ人が別の場所で同時に浄霊の感触を理解できるのが、決定的な違いとなる。
他の宗教で自称・浄霊をした場合、除霊によって一時的に霊が依頼者の体から離れる場合があり、それを浄霊だと勘違いする場合が申し込みをする人に多い。
昨日、他のお寺で300体以上浄霊を行った、という人から電話があったが、こちらでそのくらいの先祖を浄霊した場合、憑依した霊が外れるよりも、かなりの霊感がついて、浄霊のシーンが見えることが可能になってくる。
ひとつ確実なのは、仏教関係では浄霊は不可能である。なぜなら、釈迦殿があれほど修行しても釈迦殿自身には浄霊の歴史がない、という事実である。つまり、釈迦殿の書いたものを読み上げても浄霊とは程遠いものしかないということを一般の人は理解して欲しい。
「オレオレ詐欺」が日本では多いが、仏教界などの宗教界では、非常に多いということを理解する必要がある。

このページの先頭へ