霊感のある母親

『 星椎先生、姫路さん、スタッフの皆さん 本日は伯父夫婦の浄霊をしていただきまして有難うございました。 私は伯父の言葉を母から聞けることを楽しみにしていました。 母は10分前から仏壇の前で瞑想を始めました。 線香の煙が高く舞い上がる中、しばらくして母の兄夫婦の顔が浮かんできたので一生懸命手を合わせていましたら、その手が大きく肩まで上がっていき、大きく息をしたらすっと手が下がっていったそうです。 伯父は「あまりいいお兄ちゃんではなかったけれども、二人そろって浄霊してくれてとても感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう、ありがとう」と何度も言って二人の姿が消えていったそうです。 泣きそうになります。本当に有難うございました。 』


星椎水精先生のコメント

こういう霊感のある母親を持つと、何が正しくて何が正しくないのか良くわかるだろう。 霊能者くらいに見える人が家に1人でもいれば、霊からの正しい情報が伝えられる。昔は近所には必ずこういう人がいたようだが、最近は聞くことが少なくなった。 霊能者もこの類に入るのだが、金銭の授受によって、違う画像を見せられる結果、精神が不安となり末路が非常に悪くなる。 そういう意味で、この母親は、家族のために非常に良いことをしておられる。