霊感のある人

『 先般9/28、叔母の浄霊をして頂きまして、有難うございました。
また、情景でのお手紙頂き「星椎先生に呼ばれると真っ直ぐに上がって行かれ」無事に成仏したとの事で、私個人的に「ホット」気持ちがよく、晴れ晴れとしました。
星椎先生、スタッフ皆様有難うございました。
今回は私の母方、場所は遠方になりますので、「浄霊を引き受けて頂いた日に」先方のいとこに連絡をし、仏壇に、写真と、叔母さんの好きだった食べ物を供えて(AM11:00)おばさんのことを思い出してくださいとお願いをしておきました。
その日私は、自宅の仏壇の前で、以前浄霊して頂いた方々にそちらに行きますのでよろしくお願いいたします、と願い(私より、おばちゃんの子供さんによろしくと願っていました)
浄霊が終わったのか、11:40分頃、娘さんから連絡が入り「体が熱くなり、体がだるくなり、気分がスッキリ」したよと言っていました。(これはどうゆう事と、不思議がり、また落ちないはずのカレンダーが落ちてきたと云っておりました)
わたしは返答に困ってしまいました。
以上お礼かたがた、ほんの出来事を書かさせていただきました。
星椎先生、スタッフ皆様今回もお引き受けして頂きまして、本当に有難うございました。 』

星椎水精先生のコメント

浄霊時に体の中および背後に多く存在する先祖の霊たちは、霊界へ入る前に、末裔の肉体を通過する。その際に、重く憑依していたとすれば、一気に体は軽くなるが、慌てて抜ける場合、冷えていた魂がエネルギーを持ち熱くなる。そして、肉体の多少の消耗或いは脱出によるエネルギーによってだるく感じることがある。
その後はすっきりとするのは、成仏したと考えて良いだろう。霊感があればあるほど、このことは感じ方の大小は生じる。
唯、成仏する霊たちは、お礼や挨拶の意味も込めて、あえてそのような感じ方を末裔にさせる場合も多い。

このページの先頭へ