霊の正しい知識

大多数の人が、霊は自分のことと無関係と思っている。が、実際には自分の家の先祖を怖がるのと同じ意味である、と私は思う。現在の若い人は、自分の家の先祖のことを無視し過ぎて、自分のことしか考えない低級な人が多くなっている。
家庭での争いごとや、短命で亡くなった者の多い家庭は、先祖がそのように導いているし、ガンで亡くなったり、事故で亡くなったりした者がいる家庭は、引き続きその病気や事故が連続する。そこで、家庭の誰かが気がつくことが大切だが、低級な者はそのようなことすら気が付かない。霊が見える人は、オーラが薄いか、オーラのいたるところに穴が開いている場合が殆どである。しかし、そういう人は悪霊にやられ、病気や事故を必ず引き起こす。決して良いことではない。健康な人ほどオーラは厚く低級な霊を見ることがない。
一刻も早く霊についての正しい知識を誰もが気づくと良いのだが・・・。