霊の意識

『 星椎先生、スタッフの皆様。 本日のコラムを拝見しました。先生がお答えになられた中で、罪を背負った魂が別のところへ連れて行かれたと説明されていました。 今回のご供養は、来月になってしまう予定でしたが、なんとか前倒しをする事が出来ましたので、本来なら、喜ばしい事なのですが、何故かためらいを感じていました。 気乗りがしないとでも言うのでしょうか、いつもとは違う気持ちでいました。 ご先祖様は行く末を察していたのかも知れません。 』 先祖霊は、必ずしも霊界へ行くとは限らない。浄霊されたくないものは、幽界へも行けずに、地上界で霊ゾーンを作り、弱った鳥や動物、痴呆になりかけた人間にも襲いかかり、強い憑依を起こす。魂が最後に行き着くところまで転げ落ちて行くようだ。その魂の色は、黒く闇と同じ色と化し、そのままブラックホールへと突き進んでゆくのである。 そのようなものをこちらで浄霊した場合、ブラックホールへ直行となり、あっという間に消えてしまう。そのことを理解している行いの悪い霊たちは、駄々をこねる赤子のように行くまいと抵抗するのである。