障子の穴

『 子供(小学校高学年)の頃の話。 当時、自分の部屋は、畳と障子のバリバリの和室で、布団を敷いて寝る生活だった。 ある晩、高熱を出して寝込んでいた自分は、真夜中にふと目が覚めた。寝込んでるときって日中もずっと寝てるから変な時間に目が覚めるんだよな。 当然、電気も消えてるし障子も閉め切ってるから、部屋の中は真っ暗。でも真っ暗な中でも、目が慣れてくるとある程度(外の明かりもあって)部屋の様子が見えてくる。そんな状態で、ぼーっと寝たまま障子の方を見ていた。 なんだか、部屋の様子が変な気がした。いつも見慣れてる自分の部屋なのに、どこか違和感がある。ゲシュタルト崩壊とはまた違う、なんともいえない違和感があった。 で、気づいたんだ。自分の部屋の障子は、自分で開けてしまった穴が何箇所かあったんだが、心なしか、その数が多いような気がした。おかしいな、こんなに穴って多かったっけ、そう思って穴の数を数えだしたんだよ。高熱で、寝起きのぼーっとした頭で。 いや、本人のコメントがない限りなんともいえんがこれはなかなかの洒落にならない怖い話だろ明らかに、普段知ってる穴の数より多かった。普段3だとしたら7ぐらいまで増えてた。さすがにおかしいだろ、ってことでもう一回数えようとしてたら ぶすっと穴が開く瞬間を見た。一瞬凍りついた。障子の外側は窓ガラスになってて、当然ガラスも閉め切ってる。 外から何か(誰か)が穴を開けるなんて有り得ない。混乱しながらどうすることもできずに障子を見ていると、またぶすっと別のところに穴が開いた。怖くて飛び起きようとしても、高熱のダルさなのか何なのか、起き上がることができない。もう障子の方を見たくない、でも背中を向けるのも怖い、どうしよう、と思ってたら ずぼっと、一気に五箇所、穴が開いた。まるで五本指をそのまま突っ込んだみたいに。そして、五箇所の穴がそれぞれ下方にどんどん広がった。突っ込んだ五本指を使って、障子を裂いていくみたいに。 実際に障子に五本指突っ込んで下方向に裂くと、きれいに五本筋はできずに、途中からまとまって破けてしまうのはイメージできると思うけど、そのときもまさにそうなった。まとめて結構な面積が破れた。 もう半泣きで、でも障子から目を背けられずにいると、破れてできた大きな穴から、真っ黒い、長い髪の毛が垂れてきた。もう外の窓ガラスが閉まってるとか閉まってないとか、そんなことは関係なく、幽霊がすり抜けて入ってこようとしてるんだと思った。髪の毛はどんどん垂れてきて、もう頭が全部部屋の中に入ったぐらいになっていた。そこで意識が途絶えた。 次に気がつくと、もう朝になっていた。無事に朝が来たことにまずほっとして、次に夜のことを思い出してゾッとして、障子を見た。障子の穴は無くなっていた。そこでまたほっとしたが、また違和感を感じた。 障子の穴が、一つ残らずなくなっていた。自分で開けた、普段からあった穴も全部無くなって、張り替えた直後のようになっていた。不思議に思って障子をまじまじと見てみたが、張ってしばらく経った、若干色が黄ばんだ感じのまま、ただ穴だけが消えていた。 障子を開けてまたぞっとした。窓ガラスには手形が二つと、長い髪の毛が10本程べったりと張り付いていた。 親に言っても信じてもらえず、障子の穴も「最初からなかった」と言われた。だけど、絶対自分で開けた穴はあったはずだった。 以来、家を建て替えるまで、寝るときは絶対に障子に背を向けて寝るようになった。幸いその夜以外には異変とか怪異はなかったが、今でもどんどん障子の穴が増えていくあの光景を思い出すとぞっとする。 』≪怖い話≫より   この話は、幻覚というより高熱によって肉体の波動が乱れ、霊気と呼ばれる波動と同調したと見てよい。その波動は、そこの先祖というより、昔そこに住みついていた家の霊が病気で亡くなり、成仏していなかったようで、未だにその土地から離れようとはしない。離れようとはしない、というより現世での宿題が出来なかったために、取り残されたままの状態である。このものが高熱になった時、波動が合ってしまった、という話。