重度の障害を持った人

『 いつもお世話になっております。 本日はコラム「施設」の掲載誠に有難うございました。 星椎水精先生のコメントも有難く納得できるものでした。 本当に大変な職場で防御は大切だと私も思っていました。 妹が体験した事は、盗み癖のある利用者さんが亡くなって、その空いたベッドに違う利用者さんが新しく入所されてきたらしいのですが、偶然にも亡くなった方と同じ県出身で、食事の席もまた同じ場所を使っていたようです。 それから一ヶ月たって…その方もまた同じように他の利用者さんの物を盗み隠すようになったらしいのです。 全く同じ事をするようになった事に妹もビックリし不思議に思っていたようです。 先生がおっしゃる様に、重度の障害を持った方々ばかりいらっしゃいます。 以前妹から聞いた話ですが、利用者さんが「今まで何回も死にたいと思ってきたけれど、こんな体になってしまったら死にたくても、もう自分の力では死ねない。」と言っていたと…。 その時は話が衝撃的過ぎて大変な職場だと思いました。 このままではどんどん体も辛くなるだろうから、妹もきっと考える事でしょう。 色々と有難うございました。これからも宜しくお願い致します。  』 重度の障害を持った人が、皆、私の浄霊を受ければ、憑依など起こらずに済むのだが、重度の障害を持った人は、元々無神論者だから、結果的にはやむを得ない状態へと導かれる。 憑依された人も同じ状態の考えとなるのは、その人も無神論者であることに違いはない。