近況

  『 近況報告ですが、今年は出張の多い日が続いております。おかげさまで仕事は順調でありがたいことです。精神的にも好調です。 ご供養を始める前の私であればとかく精神的も肉体的にも重くなることが多かったのですが今はそういうことはほとんどありません。(現象としては昔と同じような事が起ってもそれに引っ張られ落ち込むことがほとんどありません。あっても解消の方向へ向かいます。) 今の私は過去の精神状態とは雲泥の差があり、気持ちが軽くなっております。 またそれを象徴するような出来事によく遭遇するようになりました。 少し大きな神社に行ったりすると結婚式のための列を見ることがあったり、雅楽が聞こえてきたり、巫女舞が始まったり、鳥居をくぐるとザーっと雨、風が吹き数秒して雨風がピタリと止むとか不思議なこともありました。 とにかく明るく軽い、または凜としたという感覚です。 毎日が明るい方向へ行っているようで楽しい気持ちで暮らしております。 これもご供養のおかげです。 星椎先生、アトランティス協会の皆様ありがとうございます。 皆様には、日本をはじめ世界の、地球の、宇宙の調和に、ますますご活躍されますこと祈っております。 』



星椎水精先生のコメント

先祖からの障りがなければ、そのような「凜としたという感覚」になる。それは、本来の目標に向かって進み始めた証拠である。 このことを誰もが理解していたのなら、先祖の浄霊が始めであって、同時にカルマとされる宿題の方向へと走ることが出来るのである。 意識が芽生えた頃に、ふと自分の足を見ると、足かせがされてある。その足かせをしたまま歩こうとするので、前に進めない。その足かせが、先祖であって、払いのけるのではなく、丁寧に鍵を開け、静かに取ってあげる礼儀が必要なのである。 足かせの理由をきちんと学びながら、次に向かって前へ進むと効率の良い人生を送ることが出来る。