近況報告

『 日々、新型コロナウィルスの感染が拡大していく中で、先月3月30日に私の長男のところに長女が誕生しました。
赤ちゃんも無事に産まれてきてくれて、母体の回復もよく、先日母子共に退院する事ができました。
しかし、新型コロナ禍でのウィルス感染が心配な為、当分、神経を使わざるを得ない子育てとなりそうです。
これからの子供達は、新型コロナウィルスをはじめ、地球温暖化が加速する中で、常に地震や災害に晒され、サバイバルのような人生を歩まなければならないでしょう。本当に大変だと思います。
いよいよ新型コロナウィルス感染拡大で緊急事態宣言が出されました。
主人は今週から2日間、自宅待機の指示が出ました。
来週はもっと休まなければならなくなりそうですが、有給扱いなので、とてもありがたいです。 私も今のところ出勤停止の指示などは出ていないので、平常通りの勤務態勢です。
都内では仕事もなくなり明日の生活もままならなくなる人が多い中、普通に働かせてもらい、普通に給料がもらえる事がどんなにありがたい事か身に染みて感じております。
新型コロナウィルスはとても怖いですが、ウィルスに打ち勝つには浄霊しかないと思っておりますので、粛々ではありますが、先祖供養だけはいつも念頭に置いて頑張りたいと思います。これからもどうかご指導をよろしくお願い致します。 』

  

星椎水精先生のコメント

  「ウィルスに打ち勝つには、浄霊しかない」とあるように、先祖を浄霊し、先祖との連携を強くしていくことが、現在のような状況下では最善の策と言える。
先祖は常に末裔に助けを求めて訴えているが、その訴えに見向きもしないものは、当然、先祖からの助けもなく、生活もままならなくなってゆく。末裔の状態が、先祖が置かれている状況だと考えれば、理解できるだろう。

(2020年5月29日)