辻褄

辻褄

『 いつも、大変お世話になっております。
おととい、実家に行った所、庭を見てびっくりしました。
赤、白、ピンクのホリーホックの花が何本も一斉に咲いていました。
夢で見た感じに近かったです。
父は自慢していましたが、心の中ではご先祖様が咲かせたんだな~と、感激していました。
昨日は、先日供養していただいた父の姉の息子が2人、夢に出てきました。
私と同じくらいの年齢ですが、実家にいろんな食べ物を持って来てくださいました。
これは、Y子さんの感謝の気持ちなんだと、後で分かりました。
嬉しかったです。本当に、ありがとうございました。 』

星椎水精先生のコメント

テレビの報道を見ていても、「何故だろう」という言葉が行き交う。すべてが、因果応報という言葉で理解が出来るようになっている。しかし、一般的には、霊的なことは避けたがる。
オウム真理教などの不可解な宗教集団が、様々な霊的な解決手段に否定概念を植え付けてしまった。現代もいろんなカルト集団や偽霊能者の出現で、霊的なことを忌み嫌う傾向になっている。しかし、それでも、必死になって先祖を正しい方向へと導こうとする人もいる。
上記に書かれた人は、先祖を大切に思い、ひたすらこちらでの浄霊(先祖供養)を行っている。そのことが、先祖にとって、或いは浄霊されたものには、うれしさとなって素直に表現したくなる。
花や景色、雲や青空など、美しさを表現できるのは、浄霊が出来たものの特権のようなものである。その表現の辻褄が理解できるのは、こちらで浄霊している人しか分からないだろう。

このページの先頭へ