詐欺師

6月の末からカレンダー撮影のためにカナダに行った。10人ほどのツアーになったが、一人だけ鼻髭の生えた奇妙な男がいた。60歳くらいで少し甲高い声で話す陰険な男だった。 プロでもないのに、やたらと風景以外の人物写真をよく写していた。 終盤になると、焦ってきたのか、私の方にカメラが襲い始めたので、私は即刻注意をした。旅行会社にもクレームを出し、ガイドからの注意を受けたようだ。 非常に盗撮が多く、少し見せてもらうと、老人が眠った姿など考えられない映像が多かった。それを指摘すると、「自分の趣味だ」と言った。果たして、それを見て喜ぶ人がいるのだろうかとも思った。 よくよく見ると、過去世が詐欺師だった。そして、それに手助けしていた女が、そのツアーに同行していた。二人は、知らない者同士だったが、よく話しかけていた。 ここであったのは、この2人の詐欺師が、来世はメダカやヒラメになることへの確認でもあったようだ。 テレビのお笑い芸人の大半が、来世は消滅か動物なのだが、このような一般の人の中にも来世がサカナになる者がいるのは、悲しいことでもある。

このページの先頭へ