訴え

2019年6月27日

  『 いつもお世話になっております。
星椎先生をはじめ、アトランティス協会の皆様、M家ご先祖様のT様の浄霊を執り行っていただきまして、誠にありがとうございました。
浄霊後に姫路様とお話をさせていただいた時、T様がとても重い魂だったと教えていただいた事で、3月のお彼岸以降、私の体調が思わしくなかった事に納得がいきました。
今後もご先祖様の訴えを無視することがないように、粛々と先祖供養を頑張りたいと思います。この度は誠にありがとうございました。 』

  

星椎水精先生のコメント

これを読んで分かる通り、病気で亡くなった先祖は、その病気を抱えたままの状態が永遠と続くこととなる。先祖に対する問題を解決しない限り、順送りで本人が背負うこととなる。浄霊しなければ、当然、先祖と同じ病気になって行く。今回の浄霊によって、少しずつ家庭に明るい未来の兆しが訪れ始める。