葬儀

葬儀 日本人は、形式がとても好きな人種である。葬儀にしても、数百万円も出して行う葬儀に満足している人がとても多い。では、そこに真実の葬儀の意味があるのだろうか。死んで霊となったもの達の視点がどうなのかを、もっと知らなくてはならない。
葬儀に際して、皆が涙を流すのは、亡くなった人の霊が「悔しい!」「もっと生きたかった!」と嘆いている証拠である。この波動は、非常に強烈で、お悔やみに来た者達の意識を虜にしてしまう。葬儀を見てみると、その様子は千差万別である。
特に自殺や殺人、災害、交通事故にあったものたちなどは、その波動も強い。ガンなどの重病で亡くなっても、その葬儀は強烈なものを感じるだろう。当然、成仏の段階ではない。
これに反し、老衰などの自然死での葬儀は、強烈に涙を流す場面が少ないようだ。
同調して涙を流すのは、霊が自分の立場を理解して欲しい、と訴えているのであって、単なる同情で終わって欲しくはないのだ、と言っている。この世に未練があり、もう一度、肉体に戻りたい、或いは苦しいから成仏させて欲しい、と願っているのである。
そのような事も分からなくて葬儀に出席すると、ちょっとした油断から、霊に憑依され、同じような事故か病で倒れ、或いは自殺願望となり、あっという間に死んでゆくこともある。
成仏できる本当の葬儀は、今こちらで行っている浄霊なのだが、浄霊するとうれし涙はあっても悔し涙は全くない。それは、魂の卒業式だからである。
(2020年5月19日)