葬儀

葬儀の際、司会者より「○○さんは天国に召されました」というアナウンスが流れ、そして参列者は涙を流す。その場にいた人たちは、「天国へ行ったのだ」と何の疑いもなく、その言葉を鵜呑みにしてしまう。
葬儀 天国とは何なのかを考えもせずに、葬儀会社の運営に任せっきりである。テレビでもこのようなシーンが放映されるが、もう少し疑いの目で見なければならない。アナウンスをした人に「天国とはどんなところなのですか?」と聞いても、ほとんどが何の知識もない人ばかりである。
今のマスコミをみると、本当にいい加減であると思う。
自殺したものが、天国になど行けるわけがないし、仏典を読む僧侶が、彼らを天国へと導く術など何も持ち合わせてはいない。仏典の内容は、「あなたは肉体を無くしているから、別の世界へ行くのです」くらいの内容である。
さらに、幼い頃からお経など聞いたことのない現代人が、それを理解するのかと言えば、無理がある。「この坊さんは何を言ってるのだ、私は無念で苦しい」と逆に訴えているではないか。
それが、参列者の涙となって現れるのである。涙は無念、という言葉以外の何物でもない。今の僧侶は単なるサラリーマンで、それを良しとする者にとっては好都合であるが、「何かがおかしい」と思う時期に来ているのではないだろうか。