荒れた家

『 ・・・自然流産や病気などで水子さんになってしまったことは、母親となるはずだった女性にとって、そして家族・身内にとっても大変悲しい出来事なのに、人工妊娠中絶は余計に深く考えさせられ気持ちがずっしりと重くなります。恋愛でも不倫でも、寂しい者同士で男女一緒になったと云うことを耳にします。ご先祖様が荒れた家系の男女同士だと、互いに引き合ってそのようなことになってしまうのでしょうか。
かといって「できちゃった婚」で現世に生を受けても、荒れた家系だと多くの場合で子供さんが何かの不幸を背負ってしまうことになるような気がします。
つまるところ、一人でも多くのご先祖様が救済されれば、少しずつ家族の平和を取り戻していくことにつながっていくのであり、一人でも多くの方々に気づいて欲しいです。 ・・・』

「ご先祖様が荒れた家系の男女同士」とあるように、よほど徳がない限り、男女の結びつきは、平等に行われる。つまり、荒れた家のものは、荒れた相手の家のものと結びつき、格の高い家は、格の高い家のものと結びつく確率は高い。しかし、家族は多くいる場合、様々な霊格に合ったもの同士の結びつきとなる。
最近この「荒れた家系の男女同士」の結びつきのために、非常に荒れた子供として魔と化した殺人鬼が生まれている。これも一つの自然淘汰として考えれば、納得いく。
何も自然災害だけが自然淘汰ではない。自然流産も自然淘汰の一つと言える。

このページの先頭へ