自然災害

『 今年は二つの大きなハリケーンがテキサスとフロリダおよびカリブ海諸島を襲いました。規模も今までに無いほどのものです。不思議とテキサスの状況はあまり報道されなくなっています。これは、テキサスはトランプの支持者の多いところだからかな、って思います。いずれにしても、地球の神からの罰を受けているには違いないな、と思います。今日発表された失業率もそのハリケーンの影響で6年ぶりに低下。政府の発表での低下って言うことは、実際にはもっと落ち込んでいるのだろうな、と思います。 地球の活動も活発化していますね。バヌアツ、コスタリカ、カムチャツカ、インドネシアなどの火山が噴火しています(噴火の予測も含めて)。コスタリカなんか3つの火山がほぼ同時に噴火です。バヌアツに至っては、全島避難完了です。日本でも小笠原諸島で頻繁に地震があったようだし、本州でも震度は大したことなくても頻繁にありますね。バヌアツあたりで大きな地震等があった時はその何か月後かには今まで必ず日本にも大きな地震があったりしていますから、要注意のように思います。 ここで改めて先祖様のことに気づくこと、星椎先生の浄霊に辿り着くというのは、本当に万に一つそれこそ至難の業なのだ、と思います。 ブログを書いている方で、逸れこそ語学の才能、そして霊感がとてもある人なのに全く先祖霊ということには気が付くこともなく、またそれを否定するような考えの人がいます。本人の霊症、ご先祖様からの散々のサインを披露しているのに、本人は全く気付かないのです。本当に残念としか言えません。同じものを見せられても、全く違うように見えるものなのですね。遮断されてしまっているというか。 私から見れば本当に勿体ないのです。この人のような語学の才能があれば、星椎先生のおっしゃっていることを英語に簡単に訳し、広く日本語圏外の人々にも気づきのチャンスを与えることが出来るのになぁ…って、ため息が出ます。 』



星椎水精先生のコメント

霊的なことと科学は、現在分離した行動をとっている。しかし、欧米では科学が霊的な分野に入ろうとしている。日本では、この科学が未発達なために、霊的なことが感覚的なものと解釈されている。 だから、科学は科学者だけ、霊的なことは宗教に依存し、発達することがない。しかし、これからの世界は、おそらく通用しないだろう。そして、やがて科学と霊的なことが統合される時期がやってくる。その時に、私の存在がクローズアップされるだろう。その時は、地球もいよいよ危ないのかも知れない。