自然災害 

『 この度は2名様のご供養、誠に有難うございました。
奇しくも台風が実家のある岩手県の大船渡市に上陸したので、そのまま東に移動されると丁度実家は通り道となります。どうしたことだろうかと弟に連絡を取ってみましたところ、幸いにも思っていたほど雨風が強くはなくて、お陰様で何も被害がなくて済んだようです。本当に有り難いことです。弟は「上陸地が大船渡でよかった、北上山地のお陰で和らいでくれた。これが仙台上陸だったらまともに来て大変だったと思う」と言っていました。私はひとえにご先祖様のお陰、神々様の計らい、そして星椎先生のお陰をもちまして、助けていただいたのだと思います。
今日は仕事がいつもよりとても楽に、事が運んで、いつもよりも30分も早くやるべきことを全部済ませることが出来ました。何が違ったのかなぁと考えてみまして、確かに今日のメンバーは6人全員正規の働き手だったこともありますが、やっぱりこれはご先祖様のお陰に違いないと思っています。この度のご先祖供養、ありがとうございました。 』

星椎水精先生のコメント

浄霊と自然災害は全く関係ないと思っている人も多いようだが、非常に関係がある。私は、この地球の神が築いたものには、非常に敬意を払っている。霊能者や宗教関係の誰もが、地球の神のことを告げてはいない。地球の神のことなど、実は誰も知らないのである。
私は、この神の許しを得て、浄霊(先祖供養)を行っている。従って、私の行為に対して、許容範囲を広げてくれてもいるので、災害なども浄霊を申し込んだものには、軽減されているのは確かである。そのことを踏まえて、浄霊を続けて行くと、少しずつ人間の存在理由が見えて来始めるだろう。

このページの先頭へ