自分の顔

『 星椎先生のコラムで私の体験談を掲載して下さりまして、本当にありがとうございました。 私は本当に勇気づけられました。 星椎先生がペットについて言及されたように、我が家ではペットのワンちゃんと猫ちゃんたちが不慮の事故や病気で長生きできず、ペットを飼うことを止めてしまいました。 ペットがまともに生きられないくらい荒れていたのです。 改めて今日の身近な家庭の幸せの大切さを噛みしめています。 ご先祖様の安堵感で家庭が穏やかとなり、それが良き波動となってさざ波のように周囲に波及していくのです。昨年の後半に気付いたのですが、私の顔からこわばりが取れて、より自然な表情になっていました。 今日もまだ待っておられるご先祖様と龍神様を助け続けるべく、これからも頑張っていきます。 』   「私の顔からこわばりが取れて・・」とあるように、如何に先祖が顔やその他の部分に関わっているのかが分かるだろう。伝統芸の世界では、父親譲りなどと理解している割には、悪い個所では無頓着のようだ。やはり、逐一理解しながらより一層、先祖とのつながりを深く理解することが必要だろう。  

このページの先頭へ