臨死体験

『 この前、臨死体験しました。

工事現場で鉄パイプみたいなのに頭打って気絶したんです。よく、臨死体験って、お花畑が見えるってあるじゃないですか。あれ、ホントに見えるんです。しかも、通称「三途の川」でしたっけ?

それらしき川も流れてるんです。それで自分は荒れた褐色の大地に立っていて、川を挟んで向こう側にきれいな黄色いお花畑があるんです。向こうでは、自分の懐かしい友達や家族などがたくさんいて、こっち側は俺一人だったんです。そしてみんな俺に手招きしてるんです。

けど自分は分かってました。「ここで行ったら死ぬな」と。なので、自分は振り返って、向こうの黒い穴を目指して必死で走ったんです。自分は「死にたくない」という心がホント強かったせいか、逆に、お花畑の方が怖く思えて、それからずっと振り向かなかったんです。

そしたら、自分の前に一人の少女が立っていました。無視して通り過ぎようとしても、何故かできなくて、気が付いたら自分は少女に話しかけてたんです。

「君は誰?」

少女は言いました。

「ただの夢の中の女の子よ。あなたはただ夢を見ているだけだから、別にこれ以上進む必要はないよ。むしろ、向こうの黒い方に行くと良い夢が悪夢に変わっちゃうから、ここでじっとしてた方がいいよ。あたしも今、きれいな白いお姉さんにそう言われて待ってるの。」

自分は、その言葉を聞いて脱力しました。

「何だ、夢か・・・」

そして自分は、その少女と雑談しながら、しばらくそこに居ました。するといきなり少女がフッと消えたんです。自分は辺りを見回しましたが見当たりません。自分は、夢なのに何故か不安になりました。

すると、何かお花畑の方から声がします。「・・けて・・・助けて・・・」

あの少女の声です。自分は、我を忘れてお花畑の方に走りました。

すると、そこには先程とは全く違う光景がありました。

そこは地獄のようでした。

あの少女は、串刺しにされ血だらけになり目をキョロキョロさせ、何か自分に訴えてるように見えました。そして、少女の後ろには、白い服を着た自分の家族、友達などが、何とも不気味な笑顔でこっちを見て、手招きしてきます。

自分は確信しました。「これは、夢じゃない!」

こんな怖い体験は初めてで、自分は泣きながら黒い穴の方に無我夢中で走りました。途中、変な顔がいっぱい見えましたが、自分はそんなのに恐怖も覚えず、ただ後ろの恐怖に怯えてました。

そして、気が付くと、自分は病院にいました。

そして何とそこには白い服を着た女が数人、立っていたのです。自分は、「うわあ!」と叫んで退きましたが、よく見ると看護婦さんでした。ホッとしました。

しかし、このような体験はホント初めてで、起きた時は汗だくだくでした。そして、自分はこの話を友達皆に話しました。しかしみんなは、「臨死体験とか羨ましいなー」とか言って、まともに受け止めてはくれません。ただの夢だったのでしょうか?しかし、自分がもしあの時、三途の川を渡ってお花畑の方に足を踏み入れていたら、自分はどうなってたのでしょうか?次見たら多分、ショック死で死ぬと思うので、気絶だけは逃れたいと思います。 』

 

これは、本当の臨死体験だろう。一般的に、このような段階を経て、幽界の方へと導かれるようだ。三途の川の向こうは、霊界ではない。川のこちらは、地上界との接点となる。(星椎)

このページの先頭へ