肉体の痛み

肉体の痛み

『 星椎先生、姫路様、アトランティス協会の皆様方。
先日は浄霊(先祖供養)を執り行って下さり、誠に有難うございました。
浄霊の前後で興味深い事象がありましたので、ご報告したいと思います。
浄霊の二週間程前から、左の膝にかなりの痛みがありまして、この部分はもう10年程前に半月板が損傷し、手術までしたのですが、今回はまたひどく痛みを感じておりました。特に激しい動きをした訳でもありませんでしたが、夜も膝を伸ばしても縮めても痛く、二晩ばかり寝返りも満足に出来ない状態でした。
仕方なく痛み止めを服用し、医者に行きましたが、レントゲンではカルシウムの塊が膝のあたりに発見され、核磁気共鳴画像法では、非常に小さなささくれの様なものがまた半月板に発見されました。
しかし、浄霊の期日が近づくにつれて痛みは自然に収まり、浄霊が終了した頃は、痛みは全くなく、ただ今も少し膝の動きが固く、深く曲げようとすると抵抗感がある程度になりました。
医者も痛みがないのなら特に手術をしなくても、ということで、一時は再度の手術か、と覚悟をしておりましたが、ほっと胸をなでおろしております。
これも今考えますと、ご先祖様のかつての肉体の痛みを感じさせられていたのかと思います。今回のご先祖様の浄霊に関係しているのではと思いまして、書かせていただきました。
それでは、星椎先生をはじめ、姫路様、アトランティス協会の皆様方。
今回も大変お世話になり、誠に有難うございました。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
皆様、どうぞご自愛くださいませ。 』

  

星椎水精先生のコメント

肉体的な痛みに関しては、浄霊前に本人が近づき、本人を通して頭から抜けて行く際に多少の傷の個所や完治していない部分に触ることがあり、それは、ちょっとした傷でも痛いと感じるのである。
例えば、手の表面に擦り傷が出来た時、ティッシュが当たっても痛みを感じる、という程度のことだと理解した方が良い。