老衰

皮膚が衰えたり病気になったりするのは、肉体を持っている以上当然のことである。ある程度、無理のない生活や正しい食事を守っていると、その衰えは急速にはやってこない。しかし、家の中で起こる異常な事態、会社での倒産劇や事件に巻き込まれたり、事故や災害に突然あった時に急激な心身の衰えが来る。その時、「何故このような目に遭うのだろうか?」と考えて当然である。或いは、健康診断で「異常なし」と医者に診断され、健康に気を遣っているにもかかわらず、最近急な体の衰弱が見られた時、「もしかしたら先祖のお知らせではないか」と考えてほしいものである。
衰弱の激しい人を見れば、一目瞭然で、顔に死相が現れたり、亡くなった両親によく似たりするのは、亡くなった人の霊の憑依であることに間違いはない。皮膚の一部の急速な老化や関節の痛み、死臭のような臭いは、まさしく先祖霊からのメッセージと考えた方が良い。