老後

日本人は、比較的安定志向を選ぶ。昔は、安定的な生活手段として、公務員に就職する人が多かった。安定的な生活の中で、公務員などの世間の厳しさを知らない種族は、一旦社会を離れると、世間に通用しないことを思い知ることが多い。

そのような人の顔の相は、サルに近くなり、頭の中身もサル同然となるケースもあるようだ。信頼できる者はいなくなり、周囲から見放されてしまう。無神論者は、先祖からも嫌われ、病魔を受け入れ、再び立ち直ることがなくなる。老後の孤独死の中には、このようなことが原因になることもある。

このページの先頭へ