節分の日

『 「うちの地元だと、節分は町内で行うイベントでした」

Gさんは二月三日、節分になると子供時代のあの日のことを思い出すという。彼の地元では節分は各家庭で行うものではなかったようだ。公民館に近所の子供達が集まり、鬼のお面をかぶって逃げ惑う大人の背中に対し豆をぶつけることが例年の慣わしだった。

しかし当時、小学四年生。悪ふざけをやりたい年頃だった。

Gさんの仲間も豆を手にすると鬼にではなく友達に投げたり、投げる前にパクパク食べたりするなど好き勝手にやっていたという。

Gさんは幼馴染の悪ガキたちと一緒に戦争ごっこを始めていた。邪気を払う、なんて理屈も子供は理解できない。

Gさんはただゲームのように豆まきを行っていた。勝ち負けのルールもない、ぶつけあうだけのゲーム。Gさんは友人と二人一組になり物陰に隠れた。いつでも投げられるように掌にいっぱい、豆は用意していた。ただ向こうも用心してか、なかなか現れない。次第に飽きたのか、後ろにいた友人が豆をGさんにぶつけてきたという。

「いてぇよ!」

笑いながらGさんは振り払った。敵である友人たちはまだ現れない。退屈に比例して後ろから飛んでくる豆粒の勢いも強くなっていった。

「いたい、いたいってば」

最初は笑いながら抗議していたが、豆のスピードはとどまることを知らない。(やりすぎだよ、もう)

Gさんは苛立ちを抑えていたが、耳の柔らかな部位に当たった時、かっと頭に血がのぼった。

「調子のんなよ!」

振り向くとそこには、肩までの白髪をふり乱した老婆がいた。あるはずの両足は膝から一本に結合し、その先は溶けた飴玉のように公民館の床にくっついていた。老婆の目にあたる部分は真っ暗な洞穴だった。何も入っていない双眸がGさんを睨んでいた。

呆然としたGさんは老婆が掴む手元に視線を送った。手のひら一杯の白いものは豆ではなかった。ところどころが茶色に汚れた歯だったという。茫然としたまま、Gさんが見つめていると老婆は、

「おにはおまえ、おにはおまえ」

とケタケタ笑いながら、なおも歯をGさんにぶつけてきたという。半狂乱になりながらGさんは逃げた。

その晩、Gさんは高熱を出したという。

耳は化膿して餃子のように腫れ、何日も激痛が続いた。

「医者に行ったら手術を勧められたよ」

切開の結果、医師は首を捻った。

「こんなのが入ってましたって両親に見せてた……まだ覚えてる」

医師は紅く染まった犬歯を差し出してきた。その時、Gさんは医師の背後に、あの両目のない老婆が見えたという。がっくん、がっくんと首を赤べこのように揺らしていた。気が触れる前にGさんの体は気絶することを選んだ。公民館が建つ前、そこは無縁墓地だったという。  』

 

この老婆も昔の無煙墓地を守る主である。脅しながら、人間と一線を画す役目でもある。古い霊なので、服でいえば、破れかぶれ状態で霊感のある者の前に現れている。この破れかぶれ状態は、豆を投げつけられて傷んでしまったことを示している。だから、投げつけたものに、復讐したかったようだ。犬歯は、工事中に骨がめちゃくちゃになったという意味がある。だから、心あるものが、この建物を壊した後、墓所にしてくれたり、或いは成仏させてくれることを願ってもいる。(星椎)

このページの先頭へ