童話の感想

『 童話の感想です。 大男は、小さい頃、少年と同じ出来事が、あったように感じました。 しかし、その少年の頃は、今は亡き、彼を庇護していた男が居て、リスを守る事が出来なかったのかもしれないと思いました。そして自責の念にさいなまれて、大男になっていったのかな?と思いました。 しかし、大男は、少年に同じ思いをさせないため、少年から大男になって行くに従って様々な知恵を身につけていったのだと思いました。 それで、大男は知恵を駆使し木の実等を森から得て来たのだと思いました。 その知恵は、少年の心に傷を残す事なく、生きていく知恵を継承したのだと思いました。 大男からリスを守った少年は、やがて大男と同じ境遇に合うかもしれません、しかし大男の知恵を思い出し、皆が幸福になる道がある事を次の世代に伝えて行くのだと思います。 困難な状況も優しさと知恵で乗り越える事が出来ると言うように私は受け取りました。 』   今回は、絵がとても上手な女性に書いてもらったので、人それぞれの想像が広がっているのが良く分かる。将来は、これをアニメにしたいと考えてもいる。  

このページの先頭へ