神道

何かの神頼みと称して、神社にお祈りをしている人は多いが、神道では何も解決出来ないとだけ言っておこう。実際、私は神道の布教免許を持っており、一生涯そことの縁を持ったことになるが、位の高いものが、霊能力があり、全ての透視能力があるのか、と言えば、そんなことは100%あり得ない。
彼らの講義を実際に聞いたが、普通のサラリーマンとほぼ同じだった。私が浄霊を行う旨をかの神社に告げたところ、神道は浄霊など行ってはいない、とあっさり退けた。
では、彼らは何をしているのだろうか。古来の形式だけを継承しているのに過ぎないのである。何も知らないものは、その形式を有難いと、数百万の寄付をする。
結果の出ないのにイライラするであろうが、最初からそのようなものはないのだと考えれば良いのである。
しかし、こちらの浄霊は、そのような単なる形式とは訳が違う。ただし、申し込む人には、ある程度の霊感が必要である。或いは、霊感がなくても、先祖を助けたいとの必死な覚悟が必要である。
あらゆる宗教を受け入れ、別に改宗する必要もなく、先祖の浄霊だけを願っていれば、先祖たちは必ず成仏できるという当方にどれだけ皆が集まってくれるのだろうか、と毎日毎日期待を寄せて見守っている。
昔からそうだが、現在の神道では、様々な悩みを解決できる賢者は存在しない。

このページの先頭へ