神の存在

『 三名の浄霊をお受けくださり有難うございます。
「星椎先生の浄霊は今世しかチャンスが無いかもしれない」という気持ちを強く感じています。
三名の方を決めた時から、不思議とTさんの笑顔のイメージしかありませんでした。
苦しい状況にあるはずなので、私の願望からのものだったかもしれません。
お受けいただけなかったら人生の終わりにも等しい、という気持ちもありました。
本日もコラムを拝読させていただきました。
「釈迦様やキリスト様が神でない」という言葉に反発する人もいるのでしょうね。
我々一般の魂からすれば、遥かに上の存在なのでしょうが・・・
私も初めは驚きましたが、「神」と「使者」の違いは大きいと納得できました。 』

星椎水精先生のコメント

キリストや釈迦が神だというのは、間違った知識に過ぎない。特に磔(はりつけ)にあったキリストは、日本の日蓮よりもレベルが低い。なぜなら、日蓮は処刑寸前で、切りかかった刀に雷が落ち、処刑を免れている。ここに地球の神との連動がある。
この地球にいる場合、絶対的な神は、やはり地球の神であり、それを補足する太陽が絶対神となる。力のあるのは当然太陽だが、地球にいる以上、神は地球そのものとなる。
私の場合は、肉体が普通に出来ており、背後に巨大なアトランティス神が存在する。肉体が地球のものなので、地球の神に感謝し、使わせてもらっている。
地球を離れれば、金星のナンバー2の威力を発揮する。地球は素晴らしい世界なので、金星のようにならないように、地球の浄化に努めている。先祖の浄霊は、その一環である。

このページの先頭へ