砂丘

鳥取砂丘

北九州から高速道路で鳥取の砂丘に行った。10年ほど前に「因幡(いなば)の白うさぎ」で有名な白兎(はくと)海岸に行き、途中で砂丘に行くのを断念した。そこで行けば良かったなと後悔したことがあったので、今回は改めて行った。
しかし、がっかりするほど小規模な砂丘だった。朝の曇り空で人気は無かったものの、砂浜は足跡だらけだった。アフリカのサハラ砂漠に行った経験があったので、落胆ぶりは自分でも驚くほどだった。カメラアングルから言えば、朝焼けか夕焼けをバックにすると面白いかなと考えていた。
すると、この風景と一致した悲壮感が漂ってきた。様々な薄い影の霊たちが、曇り空を背景に訪れていた。たぶん晴れた日には、このような霊たちはここを訪れることはないだろう。日本人独特の感傷的な意識の下で、数十体から数百体の霊が、誰に憑依することもなく、風と共に流れていた。

このページの先頭へ